So-net無料ブログ作成

慶應大の学生が急性アルコール中毒で死亡していたことが発覚!!

 24日、今年の6月に慶応義塾大学のテニスサークルに所属する男子学生が、サークルの飲み会で大量に酒を飲み、翌日死亡していたことが分かった。

 死因は「一気飲み」を繰り返したことによる急性アルコール中毒とみられ、慶應大は今月9日にこのサークルを解散処分とした。同大によると、死亡した学生は成人。6月27日夜、所属する大学公認サークルの飲み会で、参加者同士で互いにあおりながら飲酒を続けていたようだ。その飲み会の中には未成年の学生もいたという。

同大は、学生たちから事情を聞くなどしたが、死亡した学生への飲酒の強要については確認できなかったという。

 この事故については知人から話を聞いたという上智大学の学生のtwitterのツイートが原因で以前から噂されており、また「友人の兄が亡くなりました。テニサーの宴会から帰ってきて就寝し、そのまま朝になったら亡くなっていたそうです。寝る前は比較的意識はしっかりしていたらしい。 (中略) 沢山の若い参列者と、若いご遺体がとても痛わしかったです」という具体的な情報もあった。

 死亡した学生は法学部に在籍していたらしく、ビールピッチャーで一気飲みして急性アルコール中毒になったようだ。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 旬感トレンドサーチ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。